昔から親しまれている剣道|防具を集めよう

スポーツの道具

稽古

軽いタイプが登場

日本人に古くから親しまれているスポーツと言えば、剣道があります。剣道はしきたりや作法に厳しいスポーツです。その為、子供に礼儀作法を学ばせたいと考えている人達から人気のあるスポーツです。ところで、剣道というと多くの人がイメージする特徴として、防具をまとって行うというものがあります。防具は面・胴・籠手・垂を付けて行うスポーツです。防具と言っても昔からのものはかなりの重量があります。体力の無い子供だけでなく大人が着用しても、重たく感じます。そんな防具ですが、現在では進化して、非常に軽いタイプのものも販売されるようになりました。また防具は、通常のものよりも薄くなっているのですが、衝撃への耐久度は充分という特徴があります。

メンテナンス

剣道の防具は、基本的には洗うことが出来ません。使用し汗をかいた場合にそのままの状態で放置しておくと、臭いが酷くなってしまったり、防具が傷んだりしてしまいます。したがって、使用後にはきちんとしたメンテナンスを行わなければなりません。まずはメンテナンスの方法について覚えておきましょう。まず面ですが、使用後はよく汗を拭きとります。汗を拭きとったら、風通しが良く直射日光の当たらない場所で陰干しをします。完全に水気が乾いてからしまうようにしましょう。胴についても同様です。小手も基本的には同じになりますが、使用後に内側のしわを伸ばすように引っ張っておくと型崩れが防げます。使用頻度の低い防具は適度に使用するようにしましょう。使用しないで放置しておくことも劣化の原因になります。